Re-Bone

パイソンレザーの財布が持つイメージ2017.02.16

【パイソンレザーの財布が持つイメージとは】

 

パイソンレザーとは、ヘビの皮革を利用した素材のことであり、主にニシキヘビやモラレス、ショートテール(レッドパイソン)などの大型のヘビの皮を取って加工を施し、革素材としたものです。

 

エキゾチックレザーの中でも、美しいウロコ模様から昔から貴重な素材の一つとされ、現在でも高級素材としてのイメージが定着しています。

 

財布やバッグ、ベルトなど様々な製品に利用されていて、特に財布としては、ヘビが金運を招く象徴とされることから、縁起担ぎの一環として所有する人もいます。

 

パイソンレザーの魅力は、連続的なウロコ模様にあり、その名の通りダイヤモンドの形をしたダイヤモンドパイソンは、ワイルドでハードなイメージが魅力です。

 

また、石垣に似た模様であるモラレスパイソンもダイヤモンドパイソンに負けず劣らずの人気素材です。

 

パイソンレザーは背中側を使う(F/C)か腹側を使う(B/C)かで模様が異なり、
お腹から裂いたF/Cフロントカットは背中部分がメインとなり鱗模様は細かめです。
(ダイヤモンドパイソンでいえばダイヤモンドの柄が見える方です。)

 

逆にB/Cバックカットは蛇腹がメインとなり、より蛇らしくワイルドなイメージを抱かれるのではないでしょうか。

 

 

パイソンレザーを素材とした財布は、必ず専用の手入れ用品でメンテナンスをしてあげることが重要です。

薄く繊細に見えますが、基本的に頑丈な素材なので、財布のように頻繁に使う製品であっても特別な扱いをする必要はありません。

 

 

財布として使う時の注意点としては、水に濡らさないことや直射日光に晒さないことです。

 

グレージング仕上げ(艶)などの場合、革の油分が減って来るとひび割れてくる場合があるので、専用のクリームやスプレーを使って保革してあげてください。


パイソン革をアウターはもちろん、インナーまで全てに贅沢に使用したレディースタイプ

 

パイソン革をアウターはもちろん、インナーまで全てに贅沢に使用したラウンドファスナー長財布/トライアングル オールブラックパイソンとオールブルーパールパイソン

 

 

アウターはもちろんインナー、裏地素材にまでレザーを使用した文字通りオールレザー長財布

 

 

4つのホックとレザーだけで製作された縦入れ式カード入れがオシャレなフォックスウォレット

 


4種類の蛇革が織りなすラウンドファスナー長財布pink Snow/ピンクスノー


Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。