Re-Bone

OWNER BLOG

一点もの

SHOPページにて、一点もの製品をわかりやすく一つのページにまとめてみました。

 

 

 

 

 


宜しくお願い申し上げます。

本日より正式にオフィシャルホームページとしてリニューアル致しました。

コンセプトページに関しましては、5月~夏頃までにはオープンを予定しております。

コンセプトページ<Re-Bone Wallet>オープン時には、コチラでも告知させていただきたいと考えております。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

re-bone.tokyo


ものづくりのこだわり5  巻蛇

 

【巻蛇について】

数十年間エキゾティックレザーにふれてきた中で感じたこと。

それは、やはり当然というかエキゾティックレザーにも流行...流行廃りがあります。

自分が働きだした頃は、丁度バブルが弾けた直後くらいでしたでしょうか・・・

その頃は、エキゾティックレザー業界ではオーストバブルでした。

需要と供給のバランスからオーストリッチの単価が高騰し、1デシ(dm2)10cm四方 1000円にも届かんばかりの勢いでした。

丁度そのころ、ジャイアンツ巨人軍の監督をされていた、長嶋茂雄さんが着ていたオーストリッチのブルゾンの上代が300万円と言われていた記憶があります。

その後ほどなくしてバブルは弾けていくわけですが、既に流行が去ったエキゾティックレザーの一つに水蛇がありました。

皮革とは、レザーとは生命の亡骸であり、生きていた証でもあると思っていたので、何とか新しい歴史の中に回していけないものかな? と考えていました。

【Re-Bone classics 長財布/巻蛇】

今でも全く使われないわけではありませんが、流行時に比べて使用量が減ったことは否めませんでしたが、水蛇が使われなくなった理由の一つに‘取り都合の悪さ’がありました。

ダイヤモンドパイソンやカロングなどと比べて細いので、一匹からでは財布を取れず何匹か接がなくてはならないのです。

皮革一つひとつに歴史があり、生命が在って、その違いに重いも軽いもないと思っていたので、何とかして命の歴史の亡骸に製品として生命を吹き込んでお客様に喜んで頂く事によって‘成仏’という言い方が正しいのかわかりませんが世界の輪廻の中に溶け込ませてあげたい・・・そういった気持ちでいました。

と同時に、新しい使い方を提案する事によって『ああ、こういう使い方もあるのか』 とそこから又、誰かが広げていってもらえたら嬉しいな・・・と。

【Re-Bone classics 長財布/巻蛇(ペイントパイソン)】

長財布の上から、斜めにたすき掛けの様に縫付けることによって、折りたたんだ時に巻き付いている様に見えるのが面白いと思ったのと、斜めにした理由の一つに、これからの時代は縦と横の線だけでは表現しきれないのかな?斜めの線で表現される事も増えてきたのかな?・・・と思ったからです。

【Re-Bone classics 長財布/巻蛇 ラウンドファスナー長財布/巻蛇】

いろいろな考え方や感じ方は、人それぞれなので様々な意見がお在りだとは思いますが、そういった想いから、‘巻蛇’は生まれました。

【Re-Bone special 長財布オールレザー/巻蛇(ペイントパイソン)】

【Re-Bonespecial 長財布オールレザー/巻蛇 ホワイトクロス 】

【Re-Bonespecial 長財布オールレザー/巻蛇  ホワイトクロスーX 】


ものづくりのこだわり4 YKKエクセラファスナー

YKKエクセラファスナー

 

Re-Bone で現在、主に使用しているファスナーです。

 

YKKさんではエクセラファスナーの紹介文として、この様に説明されています。

 

“EXCELLA”(“エクセラ”)は、エレメントひとつひとつの全面に入念な磨きをかけた滑らかなファスナーです。美しく輝く本金メッキなど、豊富なエレメントカラーのバリエーションで衣類・バッグを引き立てる、品位・風格ともファスナーの貴婦人です。

繊細なエレメントの普通タイプ、重厚さが高級感を際立たせる両面タイプの2タイプがあります。

YKKさんでおっしゃられている様に、まさに【品位・風格ともファスナーの貴婦人】という言葉がピッタリだと思います。

 

Re-Bone でも高級感をより一層感じていただけます様に、お財布のイメージや雰囲気などと相談しながらですが、数多く使用させていただいております。

 

DSCN1762IMG_4819IMG_4820DSCN1769


エルメス,シャネル,ルイヴィトンなどの高級ブランド

エルメス,シャネル,ルイヴィトンなどの高級ブランドも認めたその魅力とは?

 

 

エルメス,シャネル,ルイヴィトン,プラダなど数え上げればキリが無いほどの高級ブランドも認めたRe-Boneでも製品化されているエキゾティックレザーの魅力とは?

 

やはりなんと言っても、‘その皮革一枚一枚の表情にある’ といっても過言ではないと思います。

 

エキゾティックレザーの種類は非常に豊富で、オーストリッチやワニ革、蛇革や象やカバ革、シャーク、アザラシやアシカ、リザードなど多種多様の種類が在りその中でも幾種類も存在し、それぞれに皮革の性質や表情が異なります。

 

 

テジュー

 ・テジュー

水蛇

 ・水蛇

錦蛇

・パイソン

メキシコクロコ

・クロコダイル

また、皮革の種類によって特徴が様々であるだけでなく体の部位によってもその表情が違うのが魅力のひとつでもあります。

皮革それぞれによっても厚みや、谷の深さ(凸凹)が違うので製造にはそれなりの知識や経験を積んでいないと難しいので、自ずと職人さんが限られてしまいます。

Re-Boneでは、気心の知れた東京の職人さんとマンツーマンで製品作りをしており、made in TOKYO を世界へ・・・といったコンセプトを基にしております。

 

より詳細な情報は下記のページにてご紹介させていただいております。

エルメス,シャネル,ルイヴィトンなどの高級ブランドも認めたその魅力とは・1

エルメス,シャネル,ルイヴィトンなどの高級ブランドも認めたその魅力とは・2

オールレザー巻蛇

巻蛇ペイントリザード

長財布オールレザー迷彩

オールレザー迷彩柄

pinkSnowとレディースタイプ

pink Snow レディースタイプ

ラウンドネイビー

ラウンドネイビー


22 / 24« 先頭...10...2021222324
Top