Re-Bone

オール吟面の名刺入れ【サーフィス/Surface-All Grain】テジュー3色発売開始2019.07.31


オール吟面、すべてが表面の名刺入れ『サーフィス』

オール吟面の名刺入れ【サーフィス/Surface-All Grain】

 

リボーン 名刺入れ『サーフィス』テジュー3色

◆テジュー3色発売開始

 

 

【商品概要】

名刺交換の御挨拶の時に、名刺の滑りが悪くて苦労した経験はございませんか?

 

サーフィスでは、そのような心配はご無用です。
名刺入れ全面につるつるとした革の表面のみを使用しているため、見た目の豪華さだけでなく、名刺の滑りが良く、非常に実用的な名刺入れでもあります。

 

サーフィスとは表面のことで、その名の通り16個のパーツ全てに吟面(All Grain)を使用している名刺入れです。
※吟面とは、銀面とも書き、革の表面部分のことで、革の部位の中で一番耐久性に優れている一番高価な部分です。

 

 

 

全てのパーツが表面となるように、一つのパーツにつき、2枚のサドルレザー(の吟面)を使用していることによる効果としては

 

◆見た目の豪華さとオリジナリティー
◆名刺の滑りが良く、使い勝手が良い
◆耐久性にも非常に優れている

 

などの利点があります。

 

 

◆外側に使用している革“テジュー”とは

 

トカゲの一種で、その見た目から「ワニトカゲ」ともいわれる。

 

気性が荒くキズも多いので製品化できる革の入手が困難なために価格も高騰し、お目に掛かることも稀な素材です。

現在、日本では「ヤクルス」という名称で時計ベルトに少量使用されているのみとなります。

 

 

そんな希少性が高く美しい革“テジュー”を贅沢なセンター取りで外側に使用し、内側の全面にサドルレザーの吟面(表面)のみを使って製作された名刺入れ“サーフィス/Surface”は、『革質の良さ』と『職人の技』が融合した類をみない名刺入れです。

 

 

 

 

裁断から縫製、コバ磨きに至るまで東京の職人がこだわり抜いた仕立て、ここまで原価率が高くこだわり抜いた名刺入れをこの価格でご提供できるのはリボーンだけだと自負できる逸品です。

 

エキゾチックレザーというと、見た目のインパクトが強いイメージがありますが、テジュー革のクロコダイルを思わせながらも上品なウロコ模様は普段使いにも適しています。

 

ビジネスシーンにおいて大切なお客様、そしてご自身の顔でもある“名刺”を収納するのに足りる名刺入れです。

サーフィス/Surface とは“表面”という意味であり、ビジネスの場において“裏表のないお付き合い”をアピールするのにも最適なアイテムかと存じます。

 

お世話になった方へのご贈答、大切な方へのプレゼントとしても大変喜ばれる逸品です。

 

最上級のカードケースとしてもご愛用いただけます。

 

サイズ W105 H75 D20 (mm)
名刺入れ X 2 フリーポケット X 2
(通しマチポケットに50枚程度収納できます)

 

素材:外/テジュー(トカゲ革)内/サドルレザー(吟面のみ)

 

 

【一生モノの名刺入れではなく、“世代を越えた名刺入れ”へ】

 

社会人として、世間でもまれながら時を過ごして
やがて結婚をして、子供が生まれて、一家の大黒柱として家族を支え続ける日々

 

やがていつの日か、子供が成長してあの日の自分のように社会へ飛び立つとき
子育ての戦利品ともいえる“名刺入れ”を我が子へと紡いでいけるような、世代をも越えられるような名刺入れで親の“想い”を紡いでいけたら

そのような願いから、サーフィス/Surface-All Grain は生まれました。

 

※弊社では、お買い上げいただいた商品のメンテナンスも承っております。

極上の経年変化(エージング)をお楽しみください。

 




SHOPページ:https://rebone.tokyo

~店舗情報~

 

営業日

・平日        10:30 ~ 18:00
・土日祝日   11:00 ~ 19:00
・定休日  月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

住所

・東京都台東区蔵前4-20-12 福谷ビル2階A室
・最寄り駅 都営大江戸線・浅草線 蔵前駅から徒歩5分程度
東京メトロ銀座線 田原町駅から徒歩10分程度

 

 

以下のGoogleマップをご覧ください。

是非お立ち寄りください!

 

会員ログイン        新規登録

 

 

 

 


 

 

 

【リボーンウォレットについて】
http://re-bone.tokyo/category/about-re-bone-wallet/

 

 

【リボーンウォレット ラインナップ】
https://rebone.tokyo/?mode=grp&gid=1683998&sort=n

 

 

『TREND MAP』取材動画
http://trend-map.jp/business/347

 

 

*画像をクリック

こちらのページはRe-Boneの軌跡をまとめたページになります。
内容はRe-Boneのコンセプトを 始めとして、Re-Bone Walleの開発秘話、
レザーの知識やメディア掲載情報など、Re-Boneのすべての情報がご覧になれます。

 

 



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。