Re-Bone

【Re-Bone Wallet /特許出願編ー4“弁理士会館と商標登録”<一期一会>】2018.02.28

 

 

【Re-Bone Wallet /特許出願編ー4“弁理士会館と商標登録”<一期一会>】

 

【弁理士会館と商標登録】<一期一会>

 

特許庁を尋ねて最初の一歩を踏み出して、二度目の訪問の時に職員様からご紹介いただいた、特許庁からほど近いところに在る<発明協会(発明会館)>へ通いながら、特許願の初稿が固まりつつあった頃に再び特許庁の職員の方から紹介していただいた特許庁から徒歩数分のところにある【弁理士会館】。

 

いよいよ特許取得の為のプロフェッショナルである弁理士様を訪れることになりました。

(発明協会は弁理士以外に弁護士などの特許情報に対して詳しい方がいらっしゃいます。)

 

できるだけ恥をかかぬ様にと、何度も書類の見直しや訂正などを繰り返して作成した書類を手に、いよいよ【弁理士会館】へ。

 

弁理士会館(日本弁理士会)

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-4-2

03-3519-2707 

◆特許、実用新案、意匠、商標などの知的財産権などについてひとり一時間の無料相談ができます。

 

 

 

 

*弁理士会館出口をでて右を向いて撮った写真です。

坂を下って行けば、右側が特許庁です。

(虎の門の駅を出てエスカレーター(階段)を上って虎の門のビルの中を通って反対側に出ると目の前に見えます)

 

この時もやはり自分の一番の心配は “特許として足りるか?” でした。

専門の弁理士の方からの正直なご意見を賜りたいというのが一番の願いでもありました。

 

この後、何度も何度も通う事になるわけですが、この【弁理士会館】に通うことによって本当に自分の未熟さを思い知らされると共に(基本的に)二度とお逢いすることのない弁理士の方々へ、言葉では足りぬほどにお世話になることとなります。

 

この【弁理士会館】ですが、たしか電話予約などは出来なかったと記憶しています。

一階の扉をあけて受付けへ行って訪問票に訪問目的などを記入して順番を待ちます。

毎日二名程の弁理士様がいらっしゃっていて、順番がくるとお声を掛けていただけます。

 

 

基本的には一人一時間(30分だったかもしれません)の時間をいただいて弁理士様と質疑応答をさせていただけますし、もしもお願いしたい弁理士様が見つかったら、委託のご相談なども出来ると思いますが、自分はあくまで専門家からの貴重なご意見を伺いたいが故の訪問でしたが、この弁理士会館でお会いした弁理士の方々一人ひとりとの貴重な時間が自分の原動力となっていきました。

 

■最終受付が3時半か4時頃だったと思いますが、出来るだけもっと早い時間(2時半とか)に訪問した方が良いです。というのもひとり一時間の持ち時間ですが、自分の時は後に控えている人がいないときなどは時間を過ぎてもお相手していただけましたし、最長で2時間半お相手してくださった方もいらっしゃいました。少なくとも多少の時間の融通がきくことが大半だったからです。

現在ではどうかわかりませんが2014年当時は、そのような感じで接見していただけた事が本当に有り難かったです。

 

 

 

 

 

一日一回、弁理士会館を訪ねては作成した書類を通して弁理士からみたプロのご意見を伺いながら、それぞれ指摘された箇所を訂正して、言い回しを変えたりしながら書類作成を続けていきました。

 

それこそ人によっては、自分の作成した特許願を、『どれ、見せてごらん』と言って手に取られて、『これ、添削しても良い?』と『本当はこんなことタダじゃしないんだよ、我々はこれでお金稼いでいるんだから・・・』といいながら添削していただいたことも、一度や二度ではありませんでした。

 

毎回毎回、同じ弁理士の方とお会いすることがなかったので、ある日ある弁理士の方にその旨を質問すると、昔は一年に数回位来ることがあったが今は弁理士の人数が増えたからなのか、一年に一度くらいしかここに来ることはない。 とのことでした。

 

それを聞いて尚のこと “一期一会” を大切に感謝しながら前進して行こう!と褌を締め直した気持ちに成りました。

 

そんな中で、自分の一番心配していた ‘特許として足りるか?’ ですが、その時にお会いした弁理士の方のほとんど全ての方が『特許申請の要件は満たしているし、同じものが今までなかったとしたら取れるでしょう』とのことだったので尚更、夢と希望をいただいた気持ちで頑張れました。(正直、それでも心の中は不安でいっぱいでしたが何とか奮起する材料に代えていました。)

 

この時も言われたのが、“以前の特許申請の記録を徹底的に調べ上げるように” でした。

 

 

 

 

そんな中で何人かの弁理士の方に【商標登録】も取っといた方が良いよ。と言われていたので ‘良し!とりあえず出来ることは今やろう!’ そう思って【商標登録願】にもチャレンジしました。

 

【商標登録願について】

事前の下調べと、指定商品(指定役務)の区分などを調べたりなどがありますが、それほど難しい知識は必要ないのでご自分でされても出来ると思いますし、わからないことがあったら特許庁に電話して問い合わせれば教えてくれます。

ただ商標登録に関しては、安く請け負ってくれる弁理士様もいらっしゃるようなので時間削減の為に委託してもよいかもしれません。

 

◆商標登録出願料

商標登録出願   3,400円 +( 区分数X8,600円 )

 

 

 

特許庁の指定商品(指定役務)についての注意点

 

商標登録願の願書、申請書の作成方法

 

そんなこんなで、【特許願】の前に【登録商標願】を提出してきました。

 

2014年10月31日のことでした。

 

 

つづく

 

 

 

その3へ戻る     その5へ進む     ブログトップ            TOPへ

 

 

 

Re-Bone Wallet が出来あがるまで

 

 

 

 

 


Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。